身長150センチの平均歩幅はどのくらい?

みなさん普段日常から行っている「歩行」と言う行動ですが歩幅について考えたことはありますでしょうか。

今回はそんな歩幅でも身長150cmの人の平均歩幅についてご紹介させていただければと思いますが、同じ身長150cmでも筋肉量や足の長さ、骨格によって大きく変わってくるのでその辺りも踏まえて述べさせていただければと思います。

では身長150cmの人の平均歩幅について詳しく見ていきましょう。

身長150cmの平均歩幅はどのくらい?

では早速本題の方に入らさせていただきます。結論から申し上げると身長150cmの平均歩幅は大体67.5cmと言われています。

こちらは人間の骨格から大まかに計算している数値になりますが、「身長×0.45」という数値でおおよその歩幅を出すことができます。

参照: https://www.faq.healthcare.omron.co.jp/faq/show/4195?site_domain=jp

ただ人間全員がその歩幅計算式に当てはまるかと言われるとそうではないでしょう。

身長150cmでも平均歩幅65cmの人もいれば70cmを超えてくる人も存在しているはずなのでざっくりと簡易的に計算する方法としてご活用ください。

身長150cmの平均歩幅を正確に測るには?

では次に身長150cmの人の歩幅を正確に測る場合の方法をご紹介させていただきます。こちらは150cm以外の人にも同じことを言えるのですが、身長や骨格、足の長さから正確な数値を出すことは正直難しいでしょう。

ではどのようにして平均歩幅を測るのが良いかと言うと陸上競技場などで正確な100mの長さを通常通り歩き、実際の歩数で割ると言う方法がもっとも確実かと思われます。

仮に100mの長さを150歩で歩くことができた場合1歩あたりの平均歩幅は66.7cmということがわかりますね。

なのでもし正確な歩幅が知りたいという方はこういった方法で実際に歩いて調べるのがもっとも正確な方法と言えるでしょう。

また、1度行うだけでも十分正しいなデータは取れると思うのですが、さらに正確なデータを取りたいという方は複数回行い、その平均値を取るとほぼ確実な平均歩幅を出すことが可能でしょう。

身長150cmの平均歩幅についてまとめ

今回は身長150cmの人の平均歩幅についておおよその数値から正確な計測方法までご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか。

実際に自分の歩幅を知っているという人は少ないと思いますがもし気になるという方は是非この機会に測ってみてはいかがでしょうか。