一番お金のかからないスポーツは何?部活に必要な道具とは?

部活や新しいスポーツを始めるといった場合に必ず考えなければならないのはお金の問題です。ほとんどお金がかからないスポーツもあれば道具を一式そろえるのにかなりのお金がかかるスポーツまで様々です。

今回は各学校に様々な部活動がありますがその中で最もお金のかからないスポーツは何なのか」「スポーツによってどのくらいお金がかかるの?と言う疑問が出ましたので説を述べさせていただこうと思います。

実際に野球部などであればバットやグローブと言った道具が必要になって来ます。学校で貸し出しを行っている場合もありますが、上級者になればなるほど自分の道具というものを買いそろえる必要があるでしょう。

中学校などではほとんど学校からの貸し出し品で試合に出場したりと言うことが可能です。しかしプロ野球選手など一流のアスリートになればチームの貸し出し品のグローブを使うと言うわけには行きません。常に練習でも使ったりするので消耗品と言えるでしょう。

最もお金がかからないスポーツは陸上競技?

陸上競技の場合ほとんどの競技で靴さえあれば練習ができてしまうという現実です。フィールド競技などで用具が必要な場合もありますが個人で買うものはありません。

細かく言えばウォッチなども当てはまるかもしれませんが練習するという場合においてはなくても可能と言えます。試合で考えてみると実際に必要なものはスパイクとユニフォームのみと言えるでしょう。

競技で使う砲丸やハードルなどの道具についてはオリンピックであっても競技場のものを使うので普段学校のものを使っていても自分では用意する必要ありません。

野球でいうベースのようなものですね。このように競技を行うに当たってどの競技だとお金がかかるかからないはあまり考えたことがない人が多いかもしれませんが私自身陸上競技部で短距離種目をやっていましたが道具がない分たしかにほとんどお金がかからずに競技生活を送っていたなと感じます。

大会に出場するにあたって

しかし陸上部の場合は個人競技になるので記録会などに出場する場合は1種目いくらなどお金がかかって来るでしょう。各主催の大会によりますが高校生であれば1種目800円程度が費用としてかかって来ます。リレーなどの場合は個人種目ではないので学校が負担してくれる場合の方が多いです。

しかし高体連などの大会の場合は学校側が負担するということになっていますので個人で払う費用というのは何種目でてもかからないので安心ですね。そして上の大会に勝ち上がって宿泊などが関わって来る場合はその学校によって異なります。

高体連主催の高校総体や新人戦などの場合は学校側が、それ以外の大会であれば個人で負担という形には原則なるのですがさすがに上の大会に勝ち上がったからと言って個人で負担しなければならないというのもおかしな話です。よほどのことがない限り大会などに関しては学校側が負担してくれるでしょう。