100m走【9秒台~12秒台】の記録を世界・中学生・高校生の試合に合わせて解説

100m走で段階ごとにレベルを解説

今回は陸上競技の花形でもある100m走の記録について、どのくらいのタイムだとどんなレベルなのかを細かく解説して行きたいと思います。

100mで11秒台を目指す人、10秒台を目指す人それぞれどのような練習がいいのかを述べた記事もご用意していますので気になる方はご覧ください。

100mで【12秒台→11秒台】を出すために必要な練習は?

100mで【11秒台→10秒台】を出すために必要な練習は?

100m 9秒台

陸上 腹筋

世界のトップスプリンターの称号とも言われる100m9秒台。世界記録から順にご紹介していきます

9秒58(男子100m世界記録)

皆さんご存知の通りジャマイカのウサインボルト選手の持っている世界記録が9秒58というタイムになります。
今後20年程は抜かれないのではないかと言われているくらい圧倒的なタイムになります。

 

9秒95(男子100m日本記録)

2021年に山縣亮太選手がマークした9秒95という日本記録。試合が行われた状況としては追い風2.0m/sという公認記録になる追い風ギリギリのところで100mにとっては最も良いコンディションの中での記録でした。

 

9秒98(男子100m前日本記録)

こちらは東洋大学の桐生祥秀選手が2017年9月にマークした記録です。
日本人初の9秒台ということで日本中でニュースになりました。
世界のトップスプリンターとも言われる記録です。

100m 10秒台

陸上競技才能

おそらく陸上で短距離種目をやっている人であれば1つの目標として100m10秒台という記録を目指している人も多いのではないでしょうか。
そんな10秒台ですが10秒00〜10秒99まで幅広いのでレベルごとに解説していきたいと思います。

10秒00

こちらは桐生祥秀選手が9秒98の日本記録を出す前までの前日本記録になります。

この記録をなかなか破れずに何人もの日本人が苦しんでいたという程厚い壁なのですね。

現在はSEIKOの山縣亮太選手が9秒95の日本記録を出しています。