陸上短距離の冬季練習で行うべきメニューとは?

冬季練習で短距離選手が行うと効果的なメニュー

シーズンも終わり冬に差し掛かってくると誰もが必ず通る冬季練習のシーズンとなります。

そこで今回は短距離選手における必ず行った方が良い冬季練習のメニューについて解説していこうと思います。

冬季期間というと「試合も全くないしただひたすら辛くて過酷な練習をするだけであまり面白くない・・・」と感じてしまい、どうしてもやる気が起きないという方も多いかと思います。

ですが春先に自己ベストを出したり目標達成のためには妥協せずどれだけ自分を追い込めるかでライバルとの差や自分の記録がどのくらい伸びていくかが分かれる重要なの期間となります。

サイト内で人気のおすすめキーワード◎
100m 練習200m 走り方400m 走り方400m 練習やり投げ コツ砲丸投げ コツ肉離れ 陸上

冬季練習を行うにあたって

距離選手の【冬季練習】で必要トレーニングやメニューとは?

陸上のトラック種目におけるシーズンはおよそ4月〜10月と言われており、11月〜3月までは冬季練習期間となります。

この5ヶ月間の冬季練習期間の追い込みによって次のシーズンどのようなパフォーマンスができるかが決まってくるといっても過言ではないほど重要な期間となります。

では具体的にどのような練習メニューを行ったら最も効果的になるのかを解説していこうと思います。

走りこみ練習

こちらの練習は短距離選手であればシーズン中にも行う場合があると思いますが、冬季練習の場合ペースを落として本数を増やしたり、距離を長くしたりとシーズン中の練習よりも本数や距離が増えてかなりきついメニューを行います。

実際に私は400mを専門として大学で練習していた時には500mなどの長い距離を走るメニューを行い400mと言う距離に恐怖感をなくすための練習を数多く行っていました。

そして300mなどの距離を行う際もシーズン中より3秒ほどタイムを落として走る代わりにレスト時間を短くして本数も増やして練習していました。

なぜ冬季練習でこのようなメニューが多いのかというと1つは肺を強化するという目的です。

短距離選手でも肺活量が増えることによって走れる距離が長くなったり、実際に試合の時1日3本予選、準決勝、決勝と走らなければならないのでしっかりと後先考えた練習としてこの走りこみ練習を行うとより効果的です

もう1つは冬に100%の力で走ってしまうとどうしても気温が低いので怪我が起こりやすくなってしまいます。

素早い動作でスピードが命の短距離選手にとって冬季練習とはかなり難しく深いものなのですが気温の低い日は決して無理をせず肺を鍛える目的で多くの本数を走る練習をしてみてください。

 

ウエイトトレーニング

陸上 冬季練習

実際に冬季練習であまりメニューに取り入れない方も多いと思いますがこのウエイトトレーニングがポイントとなります。

女子の選手であればそこまで意識して筋肉をつけたという選手はいませんが、男子の選手の場合2017年に日本人初の9秒台をマークした陸上短距離界のエース桐生祥秀選手も冬季練習のウエイトトレーニングで体のブレが安定したと会見で述べていました。

そしてリオオリンピックの4×100mリレーで銀メダルを獲得した際にアンカーを務めたケンブリッジ飛鳥選手もジャマイカへ修行へ行った際に「体つきができていない、体が小さい」と言われたのがきっかけで練習メニューにウエイトトレーニングを始めたところ一気に記録が伸びたようです。

実際にウエイトトレーニングと言ってもたくさんありますのでどのようなメニューを主に行えばいいのかわからないという人も多いため以前ウエイトトレーニングについて専門的に書かせていただいた記事がございますのでこちらを参照頂ければと思います。

陸上短距離の筋トレ方法とは?中学・高校で使えるウエイトトレーニングをご紹介
陸上短距離選手の筋トレやウエイトトレーニング方法 今回は主に短距離種目における筋トレ、そしてウエイトトレーニングの方法をご紹介させていただきます。ウエイトトレーニングと言えば重いものを持ち上げて筋力をつける。いわゆる筋トレの大分類。 ...