卵の殻って汚い?入ってしまった・食べてしまった場合の菌は大丈夫?

今回はあまり意識したことがないかもしれませんが卵の殻について意外と汚い?様々な菌が付いている?と言った疑問が多く寄せられたので調査してみました!

普段からよく料理をすると言うひとであれば卵を使う頻度も多いかと考えられます。

では実際に卵の殻にはどんな菌が付いているのか、謝って食べてしまっても問題ないのか等順番に見ていきましょう!

卵の殻って汚い?

まず初めにそもそも卵の殻って汚いの?と言った大まかな前提からお話しさせていただきますと鶏をはじめとするほとんどの鳥類は排泄口と産卵口が同じとなっています。

その為出てきたばかりの状態ではかなり汚く細菌も多く付着している状態と言えるでしょう。

一般的にスーパーなどで販売されている卵に関しては殺菌、消毒がされておりますので料理などをする際に卵を直接触ってしまったりしても問題ないですね。

ただし自分で鶏を育てて産んだ卵を食べることがある際にはかなり注意が必要となり、先ほど申し上げた殻に付着した菌がそのままとなってしまっております。

卵の殻に付いている菌とは?

卵の殻に付いている菌とは?

続いては卵の殻に付着してしまっている菌についてご紹介させていただければと思います。

先程卵の殻は汚く菌が付いた状態で産まれると申し上げましたが卵に付着している菌にサルモネラ菌と言うものが付いている場合がほとんどです。

このサルモネラ菌は塩素に弱い性質があるので気になると言う方は一度ドラッグストアなどで販売されているエタノールシートなどで消毒するといいでしょう。

基本的にはスーパーの卵は加工段階で殺菌されていますが家で鶏を育てて卵を食べる人にとっては必須項目と言ってもいいかもしれませんね。

サルモネラ菌によって食中毒となってしまう場合もあるので消毒前の卵の殻を触ってしまったら必ず手を良く洗うようにしましょう。

卵の殻は洗うべき?

続いては卵の殻は洗うべきなの?と言った疑問に対してです。

こちらに関して「え?卵の殻って洗ったことないよ、、」と言う方がおそらく多いと思われます。

野菜などと違い基本的に卵を洗ったりする事はしなくて大丈夫です。

ただしどうしても卵の殻の汚さが気になると言う方は洗ってはいけないと言うわけではないのでそちらに関しては問題ありません。

卵の殻を食べてしまっても大丈夫?

卵の殻を食べてしまっても大丈夫?

続いては卵料理などをする際にうまく殻を割ることができず殻が中に入ってしまったなどと言う経験をしたことはないでしょうか。

そんな時に卵の殻を誤って食べてしまっても体に影響はない?と言った疑問ですが基本的には全く問題ないです。

卵の殻の成分としてはカルシウムがほとんどなので少量の卵の殻が体内に入ったからと言って大きく変化が起こることは考えにくいです。

ただし卵の殻を口の中に入れ噛んでしまった際には「ガリッ」と言う嫌な食感で不快感を感じる方も多いでしょう。

皆さん1度は誰しも経験したことがあるかもしれませんね。

また、少し大きめの卵の殻を口の中に入れてしまったと言う場合には口の中を切ってしまったり傷つけてしまったりする可能性もあるので大きさによっては注意も必要です。