さきいかは太る?カロリーや糖質・ダイエット中の注意点についてご紹介

さきいかは太る?カロリーや糖質・ダイエット中の注意点についてご紹介

おつまみやおやつとして人気の「さきいか」。その風味豊かな味わいと噛みごたえが、多くの人々に愛されており、家でお酒を飲む時は必ずと言っていいほど食べるという方も多いのではないでしょうか。

しかし、その美味しさの背後にはカロリーや栄養成分の問題が潜んでいるかもしれません。

今回はそんなさきいかについて詳しく掘り下げ、そのカロリーや脂質、糖質の情報を細かく紹介していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

さきいかとはどんな食べ物?

さきいかは太る?カロリーや糖質・ダイエット中の注意点についてご紹介

まずさきいかとはどんな食べ物なの?というところからですが、ご存知の方も多い通りイカを乾燥させて細かく裂いたおつまみになります。日本では古くから親しまれており、その独特の風味と噛みごたえが特徴です。

イカはタンパク質が豊富で低脂質な食品ですが、さきいかに加工される際に味付けや添加物が加わることによってカロリーや糖質が増えてしまったりもします。

さきいかは、そのまま食べても美味しいですが、酒のつまみとしても人気があり、特にビールや日本酒との相性が良く、多くの人に愛されています。

私自身もビールを飲む際によくさきいかを食べますが、おつまみとして程よい分量を食べることができるので個人的にはおすすめです。

さきいかのカロリーは高い?

さきいかは太る?カロリーや糖質・ダイエット中の注意点についてご紹介

では続いてさきいかのカロリーについて紹介していきます。製品によって多少異なりますが、大体100gあたり約334kcal程度となっています。

以下に、他のおつまみやスナックとのカロリー比較を表にまとめましたのでご参照ください。

商品名カロリー
さきいか100g334kcal
ポテトチップス100g554kcal
ミックスナッツ100g607kcal
スルメ100g300kcal

このように、さきいかはポテトチップスやミックスナッツに比べてればカロリーは低めですが、スルメよりもやや高めとなっています。ただし、さきいかは味付けされていることが多いため、塩分や糖分の摂取にも注意が必要です。

さきいかを毎日1か月間食べ続けるとどうなる?

さきいかは太る?カロリーや糖質・ダイエット中の注意点についてご紹介

ではさきいかを毎日1か月間食べ続けた場合、どのくらいのカロリー数を摂取してどのくらい体重に変化が起こるのかという点について述べていきます。

仮に1日50g(約167kcal)を摂取した場合、1か月(30日)間では合計5010kcalの摂取となります。

体重1kg増加するためには、約7200kcalのカロリーが必要ですので、単純計算で約0.7kgの体重増加が予想されます。もちろん、個々の代謝や他の食事、運動習慣によっても異なりますが、この数値は大まかな指標として参考になります。

さらに、さきいかには塩分が含まれているため、毎日摂取すると高血圧やむくみの原因となる可能性があります。実際に1か月間食べ続けた人の体験談では、体重増加や塩分過多による体調不良を報告する声が聞かれます。

さきいかはダイエット中に食べてもOK?

ダイエット中にさきいかを食べることは、適量を守れば可能です。以下に、さきいかの栄養成分(100gあたり)を他のおつまみと比較して示します。

商品名脂質糖質塩分
さきいか100g2.0g8.0g3.5g
ポテトチップス100g35g52g1.2g
ミックスナッツ100g54g18g0.02g
スルメ100g4.0g0.5g3.0g

さきいかは、脂質や糖質が比較的少なく、タンパク質が豊富であるため、ダイエット中にも適量であれば摂取可能です。ただし、塩分が多いため、1日の摂取量には注意が必要です。

私自身もダイエット中にさきいかを試してみましたが、噛むことで満腹感が得られ、間食として満足感が高いと感じました。ただし、塩分摂取を抑えるために、無塩タイプや低塩タイプを選ぶと良いでしょう。

さきいかのカロリーを消費する運動量について

さきいかのカロリーを消費するためには、どれだけの運動が必要なのでしょうか?以下に、100g(約334kcal)を消費するための運動量を示します。

運動の種類時間消費カロリー
ランニング(8km/h)約30分約300kcal
ウォーキング(5km/h)約60分約300kcal
サイクリング(15km/h)約45分約300kcal
縄跳び約30分約300kcal

これらの運動を行うことで、さきいか100g分のカロリーを消費することができます。運動量や消費カロリーは個人差がありますので、自分に合った運動を選ぶことが大切です。

さきいかの脂質や糖質について

さきいかの栄養成分を見てみると、100gあたりの脂質は2.0g、糖質は8.0gです。以下に、他の一般的なおつまみとの脂質と糖質の比較を示します。

商品名脂質糖質
さきいか100g2.0g8.0g
ポテトチップス100g35g52g
ミックスナッツ100g54g18g
スルメ100g4.0g0.5g

さきいかは、脂質が非常に少なく、糖質も控えめであるため、低脂質・低糖質のスナックとして優れています。また、タンパク質が豊富であるため、筋肉の維持や修復に役立つ栄養素が含まれています。

さきいかについてのまとめ

さきいかは、その風味豊かな味わいと低脂質・低糖質な特徴から、おつまみや間食として優れた食品です。しかし、カロリーや塩分の摂取には注意が必要です。毎日食べ続けることで体重増加や塩分過多による体調不良のリスクがありますが、適量を守ればダイエット中でも楽しむことができます。

さきいかのカロリーを消費するためには、適度な運動が必要です。自分に合った運動を選び、バランスの取れた食生活を心がけることで、さきいかを美味しく健康的に楽しむことができるでしょう。

あなたにおすすめな記事
おつまみ
しゅんたろうをフォローする
その他気になるキーワードを検索
カロリナビ