ビアリーは実は高カロリーで太る?糖質やダイエット中の注意点をご紹介

皆さんは最近テレビCMなどで話題になっている「ビアリー」という商品はご存じでしょうか?ビアリーは2021年の夏に発売されたアルコール0.5%の微アルコール(ビールテイスト飲料)としてアサヒビール社が販売を開始しました。

そこで今回はビアリーに関して「アルコール0.5%だから太りにくい?」「ビアリーはカロリーもすくない?」「ビアリーならダイエット中に飲んでも太らない?」といったダイエット中の方や減量を始めようと考えている方に向けた内容をご紹介させていただければと思います。

ビアリーについて細かく知りたいという方は是非ご覧ください。

ビアリーとはどんな商品?

ビアリーは太る?0.5%でもカロリーは高い?ダイエット中に飲んでもOK?
出典:https://www.asahibeer.co.jp/beery/

まずはじめにビアリーとはどんな商品なの?という内容からご紹介をさせていただきます。ビアリーは最近テレビCMなどでも話題となっていてダウンタウンの松本人志さんも絶賛しているアルコール0.5%の微アコールが含まれたビールテイストの飲料となっています。通常のビールであればアルコール度数は基本的に5%ほどになるので、ビアリーのアルコール0.5%というと通常のビールの10分の1という非常に少ないアルコール度数という事が分かります。

なので「お酒はそこまで強くないけど晩食の際にビールを飲みたいな」と思っている方や「翌日大事な予定があるけど少しアルコールを飲みたい」と言った方にお勧めな商品となっています。

ビアリーはスーパーやコンビニのアルコールコーナーで販売されており、現在は「350ml缶(195円(税込))」「500ml缶(246円(税込))」「334ml小瓶(197円(税込))」の3種類が発売されています。

アルコール度数0.5%と非常に少ない数値ですがアルコール飲料なので未成年の方は飲むことができません。また、ビアリーを飲んで運転というのも飲酒運転と判断されますので絶対におやめください。※飲酒運転は法律で禁止されています。

ビアリーのカロリーは高い?

では次にビアリーのカロリーについて見ていきましょう。イメージ的にビアリーは「アルコールも少ないしカロリーも低いのでは?」と思われる方が多いと思いますので分かりやすいよう他のアルコール飲料などと比較してみました。

商品名アルコール度数100mlあたりカロリー
ビアリー0.5%33kcal
アサヒビール5%42kcal
ワイン12%77kcal
氷結無糖レモン(4%)4%26kcal
アサヒドライゼロ0%0kcal

ビアリーをはじめ様々な商品と比較してみると上記のような形になります。ビアリーは100mlあたり33kcalという事ですが皆さんが思っていたカロリー数よりは高かったでしょうか?低かったでしょうか?個人的にはアルコール0.5%とのことだったのでもう少しカロリーは低いと思っていましたが意外とそこそこあるなと言った感想す。

また、ビアリーのカロリー数的には通常のアサヒビールと比較すると低いですがアルコール4%のレモンサワーなどと比較するとビアリーの方が上回るような形となっているのでアルコール度数が低いからカロリーも低いというわけではないようです。

そしてアルコール0%のアサヒドライゼロはカロリーも0となっておりビアリーとのアルコール差は0.5%ですがカロリーだと全く変わってくるようですね。

ビアリーは飲みすぎると太る?

ビアリーは太る?0.5%でもカロリーは高い?ダイエット中に飲んでもOK?

では次にビアリーに関してやはり飲みすぎてしまうと太るの?と言った内容をご紹介させていただきます。ビアリーはアルコール0.5%と非常に少ないアルコール度数なので仮に毎日飲んだとしてもアルコール過多にはなりにくいと考えられます。

ただ先ほども申し上げた通りビアリーには100mlあたり33kcalのカロリーが含まれているので飲みすぎてしまうと摂取カロリーは増え続けていきます。仮に500mlの缶2本を飲んだとすると1000mlとなるので摂取カロリーの数値は330kcalとなります。これを1か月間毎日続けたとすると約10000kcalもビアリーから摂取してしまうとなります。

1kg体重が増えると言われているカロリー数が約7200kcalになるので10000kcal摂取すると約1.4kgほどビアリーで太ってしまうというように考えられます。

1日に500ml2本というのはあくまでも参考例ですがビアリーでも飲む量によってはしっかりと太ってしまうので注意が必要です。

また、それだけの量を飲んだ際のアルコール量ですが、1000ml飲んだ場合でも通常のビール100mlと同じ数値のアルコール数となり、仮に1か月間飲んだ場合でも通常のビール500ml缶6本と同じ分量になります。1か月間でこの分量であればアルコールの数値的には全く気にするレベルではないと思うのでそこに関しては安心でしょう。

ダイエット中にビアリーを飲んでも大丈夫?

ビアリーは太る?0.5%でもカロリーは高い?ダイエット中に飲んでもOK?

では次にダイエット中の場合でもビアリーは飲んで問題ない?と言った点についてです。結論から言うと先ほども述べた通りビアリーはある程度カロリーがあるのでダイエットに向くかと言われればそうではないかもしれません。ただ通常のビールを飲むよりはカロリーが少ないのでどちらかを飲むというのであればビアリーを飲んだ方がダイエットの邪魔は軽減されるはずです。

やはりどうしてもビールが大好きでダイエット中でも飲みたくなってしまうという方は多くいらっしゃるので少しでもカロリーを抑えつつビールも飲みたいという気持ちになるのは無理ありません。

そんな時はアサヒドライゼロであればカロリーが0kcalなのでおすすめしたいのですがやはりビールとはテイストが少し違うので物足りなさを感じてしまうのはあります。自分の体と相談しつつダイエット中にビアリーを飲む際は他の食事からのカロリーを抑えめにするとか、少し長い時間歩いて消費カロリーを増やした日は飲むなどルールを決めておくと良いでしょう。

そしてビアリーだけであればまだ大丈夫かもしれませんがおつまみに脂っこい揚げ物なども一緒に食べてしまうようなことがあると摂取カロリー数はどんどん増えていってしまうのでお酒を飲む際には一緒に食べるものにも注意を向ける必要はあります。

ビアリーの糖質はどのくらい含まれている?

そしてダイエット中の場合どうしてもカロリーに目が行きがちですが糖質の存在も忘れてはいけません。糖質が高いと脂肪が付きやすかったりとダイエット面で見てもマイナスとなるのでチェックしておきましょう。

そんなビアリーの糖質ですが数値としては100ml当たり7.4gという糖質が含まれています。そして通常のアサヒスーパードライは3.0gです。つまり糖質に関してはビアリーの方が2.5倍ほど多く含まれていることになります。アルコール度数やカロリーは低いですが糖質が高いことによってダイエットには不利になるのでそういった面からもしっかりと注意が必要ですね。

ビアリーの商品情報

上記でビアリーのカロリーやダイエット関連の内容をご紹介させていただきましたのでお得な購入方法などについてもご紹介させていただければと思います。そこで家に常にビアリーをストックしておきたいという方や1日1本は飲みたいという方であれば毎回スーパーやコンビニに出向いて購入するのも大変ですよね。

そんな時はネットで購入する事をおすすめします。自宅まで運んでくれる上1本あたりの単価がわざわざ買いに行くよりも安いのです。

現在出ているビアリーの3シリーズをAmazonのリンクを張っておきますので買い置きしておきたいという方はぜひご利用ください。

【アルコール0.5%】アサヒビアリー [ 350ml×24本 ]

アサヒビアリー [ 350ml×24本 ]

Amazonで詳しく見る

【アルコール0.5%】アサヒビアリー 500ml×24本

アサヒビアリー 500ml×24本

Amazonで詳しく見る

ビアリーって太るの?ダイエット中でもOK?まとめ

今回はアサヒビール社が販売しているアルコール度数0.5%のビールテイスト飲料ビアリーについてカロリーや太りやすさ、ダイエットの注意点に関してご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか。ビアリーはアルコール度数は極めて少ないですがカロリーに関してはそこまで低いというわけではありませんでしたね。

また、糖質に関しては通常のアサヒスーパードライよりも倍以上含まれているためダイエット目的でビールからビアリーに変更するというのはそこまで効果は見られないかもしれません。ただアルコールの取りすぎは体への悪影響もあったりするので通常のビールよりはビアリーの方が体の負担面を考えると良いかもしれません。