陸上短距離の筋トレ方法とは?中学・高校で使えるウエイトトレーニングをご紹介

陸上短距離選手の筋トレやウエイトトレーニング方法

今回は主に短距離種目における筋トレ、そしてウエイトトレーニングの方法をご紹介させていただきます。ウエイトトレーニングと言えば重いものを持ち上げて筋力をつける。いわゆる筋トレの大分類。

という意識の方が多いと思いますが、軽いものを数多く挙げることや素早い動作をすることによって付く筋肉の種類が違ったりしますので参考にしていただければと思います。

 

年代別の筋トレ&ウエイトトレーニング

陸上 腹筋

中学生、高校生、大学生など年代によって行っていくウエイトトレーニングの種類が異なってきますのでそれぞれに合った筋力トレーニング方法をご紹介していきますので参考にしてみてください。

 

中学生におけるウエイトトレーニング

まずウエイトトレーニングは中学生の時期ですとほとんどやらないという学校や指導者が多いです。
これは中学生という成長が著しい時期に筋力トレーニングばかりしてしまうと体が完成されてしまい、大人になってから記録が伸びにくくなってしまったりという事が考えられるからです。

例えば全中チャンピオンなど中学時代に活躍している選手で大学生の選手と変わらないような体つきの選手では、その当時は中学生の中でトップかもしれませんが競技を続けて行く上でどんどん追い抜かされてしまうというのが現実です。

逆に中学生の頃あまり目立たず全中に出場するも予選落ちくらいの選手の方が大学生くらいになるとグングンと伸びて来るのです。

なので中学生はウエイトトレーニングや筋トレなどしなくても身長や体重が勝手に増え、普通に何も考えず練習していればタイムは速くなるのです。

あまり考えすぎて練習してしまうとこの先行き詰まってしまうこともあるので、中学生のうちは筋トレなどを意識せずに楽しく練習に取り組んでタイムを伸ばして行った方が確実に今後に繋がると思いますよ!

今年話題になっている関西学院大学の多田選手も中学生時代は大阪府大会止まりで近畿大会にすら出場していなかったそうです。

他には400mで日本選手権11連覇した金丸選手も中学生時代は200mで全中に出場するも予選落ちという結果でした。

なので中学生の選手は正直筋トレやウエイトトレーニングをして速くなりたいという気持ちはわかりますが、ここはグッと我慢して高校生以降から徐々に初めていった方が長い目で見ると良いです。

高校生におけるウエイトトレーニング

先ほど中学生ではあまりウエイトトレーニングをしない方が良いとご紹介させていただきましたが、高校生あたりから徐々に筋トレを初めても良いと思います。

なぜかというとほとんどの人が高校生の中盤あたりになると身長があまり伸びずそのままの身長で大人になっていき、成長が止まるのでそこからは筋力をつけてパワーアップして行くという形になります。

高校生の時期に短距離種目で主に行うと良いウエイトトレーニングは足をメインに鍛えると良いでしょう。上半身のトレーニングを行っても問題ありませんが、体が完成されてきた大学生以降に筋トレを行うと良いです。

 

大学生以降のウエイトトレーニング

この歳になると、体の成長というものはほとんど止まってしまうのでウエイトトレーニングを自ら行う事で筋力を増やしていく方法が正しいです。

高校生のうちは筋トレをやりすぎてはいけないと説明させていただきましたが大学生になれば正直やりすぎに越した分はないと個人的には思います。
(あくまでも個人的な意見になりますので個人差はあると思います。)

そして高校生の時にはあまり取り組まなかった上半身のトレーニングもどんどん取り組んで大丈夫です。上半身を鍛えることによって腕の振りがスムーズになり、足の運びがとても楽になるのです。
必要な部分のウエイトトレーニングを行って見てください!