鍛えても腹筋が割れない…正しく割る方法やコツをご紹介

今回は誰しもが憧れる割れた腹筋を手に入れる方法やトレーニングのコツなどをご紹介させていただきます。割れた腹筋を持っているのはとても自慢できたりしますよね。しかしその割れた腹筋を作り上げるのには少し工夫が必要なのです。ではどのようにしたら美しい腹筋を作り出せるのかを解説していきます。

腹筋を割るために覚えておきたいポイント

腹筋を割るには?

まずどうしたら腹筋を割ることができるのかと考えた場合、多くの人はジムや自宅でひたすら腹筋を鍛えて浮き出るようにしたらいいのでは?と思いがちですよね。しかしこの方法は間違いではないのですが、1つ重要な点を取り入れていないことが多いのです。

それはまずしっかりとお腹周りの体脂肪を減らさなければ腹筋は割れてこないと言うことです。いくら腹筋を鍛えてもなかなか割れないという方は腹筋の外側に脂肪がついているので割れているように見えないなどはありませんか?

実際にお腹周りの脂肪の内側にはしっかりと腹筋がついいるけど脂肪に隠れてなかなか腹筋が割れて浮き出てこない…という人がほとんどなのです。

こうなってしまうとせっかく腹筋が割れるだけの筋肉はついているのになんだかもったいないですよね。

力士などはまさにその状況で、あの大きな体に隠れて見えないだけで内部の筋肉はボディービルダー以上とも言われています。ただ力士の場合は見せるだけの筋肉ではないので大きな体を維持するためにある程度脂肪もないといけません。

ボディービルダーの場合は脂肪がほとんどないので筋肉が全て浮かび上がって来ますが力士の場合浮かび上がっていないだけで脂肪があるぶん筋肉が付きやすい体なのです。

逆を言ってしまえば、筋肉があまりない人でもガリガリで脂肪もほとんど無い人などは腹筋が浮かび上がって見えるのです。なので腹筋を割るには体脂肪を落とす必要があるということです。