鍛えても腹筋が割れない…正しく腹筋を割る方法やコツをご紹介

今回は誰しもが憧れる割れた腹筋を手に入れる方法やトレーニングのコツなどをご紹介させていただきます。割れた腹筋を持っているのはとても自慢できたりしますよね。しかしその割れた腹筋を作り上げるのには少し工夫が必要なのです。ではどのようにしたら美しい腹筋を作り出せるのかを解説していきます。

腹筋を割るために覚えておきたいポイント

腹筋を割るには?

まずどうしたら腹筋を割ることができるのかと考えた場合、多くの人はジムや自宅でひたすら腹筋を鍛えて浮き出るようにしたらいいのでは?と思いがちですよね。しかしこの方法は間違いではないのですが、1つ重要な点を取り入れていないことが多いのです。

それはまずしっかりとお腹周りの体脂肪を減らさなければ腹筋は割れてこないと言うことです。いくら腹筋を鍛えてもなかなか割れないという方は腹筋の外側に脂肪がついているので割れているように見えないなどはありませんか?

実際にお腹周りの脂肪の内側にはしっかりと腹筋がついいるけど脂肪に隠れてなかなか腹筋が割れて浮き出てこない…という人がほとんどなのです。

こうなってしまうとせっかく腹筋が割れるだけの筋肉はついているのになんだかもったいないですよね。

力士などはまさにその状況で、あの大きな体に隠れて見えないだけで内部の筋肉はボディービルダー以上とも言われています。ただ力士の場合は見せるだけの筋肉ではないので大きな体を維持するためにある程度脂肪もないといけません。

ボディービルダーの場合は脂肪がほとんどないので筋肉が全て浮かび上がって来ますが力士の場合浮かび上がっていないだけで脂肪があるぶん筋肉が付きやすい体なのです。

逆を言ってしまえば、筋肉があまりない人でもガリガリで脂肪もほとんど無い人などは腹筋が浮かび上がって見えるのです。なので腹筋を割るには体脂肪を落とす必要があるということです。

腹筋の鍛え方やトレーニングのコツ

綺麗な腹筋を作り上げるためには全体のバランスが必要なのです。そのバランスというのはただの腹筋を何回もやるだけでは限界が有ります。ではどのような動作を取り入れれば良いかというと、まっすぐな腹筋だけでなく左右に負荷がかかるような腹筋をしてみることです。

実際に左右交互に腹筋をしていると斜めのラインが腹筋のすぐそばに浮かび上がって来ます。この斜めの筋肉が腹筋を綺麗に見せるポイントなのです。他には腹筋ではありませんが、大胸筋や方周りを鍛えることで逆三角形を目指してみるととても自慢できる素晴らしい身体を作り出すことが誰でも可能になるのです。

まずは腹筋ももちろんですが、全体を満遍なく鍛えるというところから始めてみてはいかがでしょうか?

女性でも腹筋は割れる?

女性でも腹筋は割れる?

今は女性でも腹筋を割って綺麗なボディラインを作りたいという方も多い時代です。実際に女性でも腹筋が綺麗に割れてシックスパックになっている人もいるので不可能なことはありません。

ただ注意したいのが男性よりも女性の方がどうしても元の体脂肪率が違うのでなかなか割れにくいのです。そのため過度な食事制限などを行ってしまうと健康状態を損なってしまう可能性が出てきます。

急いでもいいことは全くありませんので無理はせず適度に継続していくことが腹筋を健康的に割る秘訣になります。

押さえておきたいポイント

他にも私自身陸上競技を元に解説した記事があるので、腹筋を割る上で大切な項目をいくつかピックアップしましたので要点と照らし合わせてご覧ください。

1、ウエイトトレーニングで全身の筋力アップ。腹筋を際立たせる方法も記述しています。
陸上競技【短距離】のウエイトトレーニングを解説

2、体幹トレーニングで引き締まった身体づくりを
陸上競技【体幹トレーニング】の効果と方法を解説

3、ベンチプレスは腕だけじゃなく実は腹筋にもかなり効果的
陸上競技【ベンチプレス】の効果だけで100mで10秒台に

以上3つの点を挙げさせていただきました。

こちらの記事に書いてあること全てが腹筋を割る上で手助けになると思いますので少しずつ参考にしながら学んでみるといいでしょう。