きのこの山は太る?カロリーや糖質とダイエット中の注意点をご紹介!

きのこの山は太る?カロリーや糖質とダイエット中の注意点をご紹介!

皆さんの一番好きなお菓子ってなんでしょうか?世の中には数えきれないほどたくさん種類のお菓子がある中で、最近は「きのこの山」と答える人が多くなっているようです。

ただ、きのこの山って実はかなり高カロリーで太りやすいと聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

そこで今回はきのこの山についてカロリーや太りやすさ、ダイエット中の注意点など幅広く紹介できればと思いますので、気になる方はぜひご覧ください。

きのこの山とは

きのこの山は太る?カロリーや糖質とダイエット中の注意点をご紹介!

まず初めにきのこの山ってどんなお菓子なの?というところから紹介していきます。ほとんどの方が一度は食べたことあるかと思いますが、棒状の小さいスナックの上にキノコの傘の形をしたチョコレートがくっついている、見た目はきのこそのもののお菓子となります。

一口サイズで気軽に食べることができ、小さい子供から大人まで根強い人気を持っている商品の一つでもありますね。

姉妹商品としては「たけのこの里」があり、こちらもきのこの山同様たけのこそっくりの見た目をしたチョコレートスナック菓子となっています。

そんなきのこの山の誕生は1975年と、50年ほど前から明治の看板商品として販売されていたのです。このように昭和から続く長い歴史を経て、今もなお大ヒット商品であることは素晴らしいことですね。

きのこの山のカロリーと栄養成分について

では早速きのこの山のカロリーや栄養成分について内容を見ていきましょう。きのこの山は様々な内容量で売られていますが、最もメジャーなパッケージとしては昔から箱で売っている物になるのではないでしょうか。

きのこの山は太る?カロリーや糖質とダイエット中の注意点をご紹介!

きのこの山を含めた類似のチョコレート菓子とも比較してみてみるとこんな感じのカロリー数となります。

商品名内容量1個あたりのカロリー100gのカロリー
きのこの山74g423kcal572kcal
たけのこの里70g383kcal547kcal
アポロ46g261kcal567kcal
アーモンドチョコレート79g449kcal568kcal
ミルクチョコレート50g283kcal566kcal

上記の表から見ての通り、きのこの山を1箱食べてしまうと423kcalものカロリーを摂取してしまうことになります。

また、100gあたりのカロリー数で見ても純粋にチョコレートだけのアポロやミルクチョコレートを抑えて最も高い数値となっている為、かなりハイカロリーだということが分かりますね。

また、きのこの山は1箱で大体30粒ほど入っている為、1粒あたりで見ると14kcalほどになりる事が計算できます。

きのこの山の栄養成分について

次にきのこの山に入ってる栄養成分について見ていくと、下記のような数値がパッケージには記載されています。

たんぱく質脂質炭水化物食塩相当量
6.3g26.7g39.4g0.3g

1箱あたりの内容量が74gに対して脂質と炭水化物で66gと9割近い割合を占めてしまっています。この為、体内に蓄積されて脂肪となる割合が高くなってしまうので食べ過ぎには注意が必要です。

きのこの山はダイエット中に食べても大丈夫?

きのこの山を1ヶ月間毎日食べるとどうなる?

では続いてきのこの山はダイエット中に食べても大丈夫?と言った内容についてです。基本的には先ほども申し上げた通り、きのこの山は他のお菓子と比べても高カロリーとなる為、ダイエット中は極力やめておいた方が良いでしょう。

1箱全て食べてしまうと、ダイエット中であれば1回の食事相当である423kcalを摂取してしまう事になるので、せっかくダイエットを頑張って食事を減らして運動を行っていたとしても努力が無駄になってしまいます。

もしどうしても食べたいという方は、箱入りのきのこの山ではなく、スーパーなどで売られている袋入りの少ない容量の物を1つだけ週に1回食べるなど極力抑えつつ食べる事をお勧めします。

1つ消費するのにかかる運動量

実際にきのこの山1箱分のカロリーを運動で消費するとなるとどのくらいの運動量が必要かという点について簡単に述べていきます。

ダイエットの定番であるランニングで考えると、大体1km走ると自分の体重分くらいのカロリーが消費できる為、423kcalという数値を自分の体重で割るとイメージしやすいでしょう。

もし仮に体重60kgの人が423kcalを消費するとなると「423kcal÷60kg=7.05km」という数値が出てきます。

すなわち、体重60kgの人が7.05km走ってようやくきのこの山1箱分のカロリーを消費できるという事になります。この7.05kmというのはある程度日頃運動している人が走って大体40分程度、ほとんど運動を行っていないという人は60分ほどかかる距離になります。

こうしてみるときのこの山1箱食べるのはとても簡単でつい手が伸びてしまいますが、実際に走って消費するとなると1時間ほど走り続ける必要があるというくらい大変なのです。

きのこの山を1ヶ月間毎日食べるとどうなる?

では次にきのこの山を1か月間毎日食べるとどのくらいの摂取カロリーでどんな影響を体に与えるのかと言った点を述べていきます。

まずは前提として1箱を毎日30日間食べると仮定します。そうすると「423kcal×30日=12,690kcal」というような計算式となるはずです。

この12,690kcalという数値は成人男性の4日分の摂取カロリー数相当となり、体重で換算すると1.76kgほどの数値となります。

さすがに毎日きのこの山を1箱食べる人はよほどのもの好きではない限りいないかと思いますが、他のお菓子も併せるとこのくらいカロリーを摂取してしまっている人は結構いるようです。

きのこの山は太る?まとめ

今回はきのこの山はどれくらい太りやすいのか、カロリー数や栄養成分はどのくらいなのかといったダイエット目線で述べさせていただきましたがいかがでしたでしょうか?

私自身も実際にきのこの山を購入して調べてみたのですが、思っていた以上に高カロリーで太りやすいお菓子だというイメージをつけることが出来ました。

ただ味はとても美味しく、子供のころからよく食べていたお菓子でもあるのでダイエット中は食べ過ぎには気を付けつつほどほどにしながら食べていこうと思います。

あなたにおすすめな記事
お菓子・スイーツ
【リクトレ】編集部をフォローする
その他気になるキーワードを検索
カロリナビ