ハイチュウは太る?カロリーや糖質・ダイエット中の注意点についてご紹介

ハイチュウは太る?カロリーや糖質・ダイエット中の注意点についてご紹介

ハイチュウは、その美味しさと手軽さから多くの人に愛されるお菓子です。しかし、一口サイズのお菓子だからと言って毎日食べてしまう少なからず太る可能性はあるのでしょう。

そこで今回はハイチュウのカロリーや栄養成分、毎日1か月間食べ続けることの影響、ダイエット中に食べても良いかどうか、そしてハイチュウのカロリーを消費するための運動量について詳しく解説させていただきます。

また、ハイチュウと他の類似品とのカロリー比較や、脂質や糖質に関する情報も述べていきますのでぜひ最後までお読みください。

ハイチュウとは?

ハイチュウは太る?カロリーや糖質・ダイエット中の注意点についてご紹介

まず初めにハイチュウってどんなお菓子なの?と言うところから紹介していきます。ハイチュウは、森永製菓が製造・販売しているソフトキャンディで1975年に日本で発売され、以来、多くの人々に愛され続けています。

ハイチュウの特徴は、その柔らかい食感とフルーツの風味です。様々なフレーバーが揃っており、常に新しい味が追加されています。

ハイチュウはキャンディとガムの中間の食感を目指して作られており、食べた瞬間に広がるフルーツの風味と、噛むたびに感じる柔らかい食感が人気の秘密です。

ハイチュウは日本国内だけでなく、海外でも人気があります。アメリカやアジア諸国でも販売されており、その味と食感は多くの人々に愛されています。

ハイチュウのカロリーは高い?

ハイチュウは太る?カロリーや糖質・ダイエット中の注意点についてご紹介

次にハイチュウのカロリーについて述べていきます。ハイチュウ1粒あたりのカロリーは19kcalとなっており、一見低カロリーに感じるかもしれませんが、何粒も食べるとカロリーが積み重なります。

以下に、ハイチュウと他の類似品とのカロリー比較を表にしてみましたので参考にしてみてください。

食品名カロリー(1粒あたり)カロリー(100gあたり)
ハイチュウ19kcal約390kcal
ミンティア2kcal約400kcal
キシリトールガム5kcal約280kcal
グミキャンディ14kcal約350kcal
チョコレート28kcal約550kcal

この表からもわかるように、ハイチュウは他のスナックやキャンディに比べてカロリーは控えめですが、1粒ずつの積み重ねが大きなカロリー消費につながることがあります。

1粒食べるとついつい止まらなくなって気づいたら全部食べてしまっていた…!なんて経験のある方は特に注意が必要です。

ハイチュウのカロリーは、他のお菓子に比べて低めであるものの、糖分が多く含まれているため、摂取量には注意が必要です。1粒19kcalといえど、10粒食べれば190kcal、20粒食べれば380kcalと、あっという間にカロリーが積み重なります。

ハイチュウを毎日1か月間食べ続けるとどうなる?

ハイチュウは太る?カロリーや糖質・ダイエット中の注意点についてご紹介

次にハイチュウを毎日1か月間食べ続けると、どのような影響が出るのか見ていきましょう。ここでは、体重増加や健康への影響について詳しく見ていきます。

まず、ハイチュウ1粒あたりのカロリーは19kcalですが、仮に毎日10粒食べるとすると、1日のカロリー摂取量は190kcalになります。これを1か月(30日)続けると、合計で5700kcalとなります。毎日30粒であればその3倍となります。

体重が1kg増加するためには約7200kcalが必要ですので、5700kcalの摂取は約0.79kgの体重増加につながる可能性があります。

日数ハイチュウの摂取量総カロリー摂取量体重増加の可能性(kg)
1日10粒190kcal約0.026kg
1週間70粒1330kcal約0.185kg
1か月300粒5700kcal約0.79kg

この表からもわかるように、毎日ハイチュウを10粒食べ続けると、1か月で約0.79kgの体重増加が見込まれます。これは他の食事や運動量によっても変わりますが、ハイチュウの摂取カロリーが積み重なることで体重増加の原因となることは明らかです。

一見0.79kgと聞くとそこまで多くないようにも思えますが、ハイチュウだけでこの体重の変化量となるので食事を撮り過ぎてしまった上にハイチュウをこれだけ食べるとさらに体重増加にも繋がってきてしまうと言うわけです。

また、ハイチュウには糖分が多く含まれているため、毎日大量に摂取すると虫歯や血糖値の急上昇など、健康への影響も考えられます。特に、糖尿病や代謝症候群のリスクがある場合は、注意が必要です。

ハイチュウはダイエット中に食べてもOK?

続いてダイエット中にハイチュウを食べることについて注意点を述べていきます。一見すると避けたいかもしれませんが、適量を守れば必ずしも悪い選択ではありません。

以下に、ハイチュウをダイエット中に取り入れる際のポイントをまとめます。

  1. 適量を守る:1粒あたり19kcalですので、1日2~3粒程度に抑えることでカロリー摂取をコントロールできます。
  2. タイミングを考える:食事の直後や運動前後に摂取することで、血糖値の急上昇を防ぎ、エネルギー補給として利用できます。
  3. 他の食品とのバランス:ハイチュウを食べる場合は、他の食事で低カロリー・低糖質な食品を選び、全体のバランスを取ることが重要です。

例えば、ハイチュウを間食として取り入れる場合、以下のように工夫することができます:

食事内容カロリー
朝食ヨーグルト、フルーツ約150kcal
昼食サラダチキン、野菜サラダ約300kcal
間食ハイチュウ3粒約57kcal
夕食魚のグリル、蒸し野菜約350kcal
合計約857kcal

このように、ハイチュウを適量に抑えつつ、他の食事を低カロリーでバランス良く摂取することで、ダイエット中でも無理なく取り入れることが可能です。

むしろスナック菓子など脂っこいお菓子をたくさん食べてしまうくらいであればハイチュウを2〜3粒程度で抑えておいた方がいいと言えるでしょう。

ハイチュウのカロリーを消費する運動量について

ハイチュウ1粒のカロリーは19kcalです。これを消費するためには、どの程度の運動が必要かを見ていきましょう。

運動種目消費カロリー(1時間あたり)1粒(19kcal)のカロリーを消費するのに必要な時間
ウォーキング(3.5mph)約300kcal約3.8分
ジョギング(6mph)約600kcal約1.9分
サイクリング(12-14mph)約500kcal約2.3分
スイミング(中程度)約500kcal約2.3分
エアロビクス約400kcal約2.8分

この表からもわかるように、ハイチュウ1粒分のカロリーを消費するためには、わずか数分の運動で済みます。しかし、10粒食べると190kcalになり、それを消費するためにはさらに多くの運動が必要になります。以下に、ハイチュウ10粒分(190kcal)のカロリーを消費するための運動量を示します。

運動種目消費カロリー(1時間あたり)10粒(190kcal)のカロリーを消費するのに必要な時間
ウォーキング(3.5mph)約300kcal約38分
ジョギング(6mph)約600kcal約19分
サイクリング(12-14mph)約500kcal約23分
スイミング(中程度)約500kcal約23分
エアロビクス約400kcal約28分

ハイチュウを食べた分のカロリーを消費するためには、運動を取り入れることが効果的です。日常生活の中で適度な運動を心がけることで、摂取カロリーを上手にコントロールできます。

ハイチュウの脂質や糖質について

ハイチュウは、その美味しさと食感から多くの人に愛されていますが、脂質や糖質の含有量についても気になるところです。以下に、ハイチュウの栄養成分を示します。

栄養素含有量(1粒あたり)
エネルギー19kcal
脂質0.1g
糖質4.6g
食物繊維0g
タンパク質0.1g

ハイチュウは、脂質が非常に少なく、主に糖質から構成されています。1粒あたりの糖質は約4.6gで、これがハイチュウの甘さと食感を生み出しています。糖質制限ダイエットをしている方にとっては、糖質の摂取量に注意する必要がありますが、適量を守れば問題ありません。

糖質が多く含まれているため、食べ過ぎると血糖値が急上昇しやすくなります。特に、糖尿病のリスクがある方や血糖値を管理している方は、ハイチュウの摂取量を調整することが重要です。

ハイチュウについてのまとめ

今回はハイチュウについて細かい内容をまとめさせていただきましたがいかがでしたでしょうか?実際にハイチュウはその美味しさと手軽さから多くの人に愛されるソフトキャンディです。

以下に、ハイチュウに関する重要なポイントをまとめます。

  • 低カロリー:ハイチュウ1粒あたり19kcalで、他のお菓子に比べてカロリーは低めです。
  • 脂質が少ない:脂質が非常に少なく、糖質が主成分です。
  • 適量を守る:1日2~3粒程度の適量を守ることで、カロリー摂取をコントロールできます。
  • 運動との併用:適度な運動を取り入れることで、摂取カロリーを消費し、健康的な体重管理が可能です。
  • 健康リスクに注意:糖質が多いため、糖尿病や血糖値管理が必要な方は注意が必要です。

ハイチュウを楽しみながらも、健康を意識して適量を守り、バランスの取れた食生活を心がけることが大切です。お菓子を楽しむことは、ストレスを軽減し、日常生活を豊かにする一方で、適度な量を守ることが健康維持の鍵となります。他の類似品とのカロリー比較や運動量の目安を参考にしながら、自分に合ったハイチュウの楽しみ方を見つけてください。

あなたにおすすめな記事
お菓子・スイーツ
しゅんたろうをフォローする
その他気になるキーワードを検索
カロリナビ