焼肉って太る?たれや部位ごとのカロリー、ダイエット中の注意点についてご紹介

今回は皆さんの大好きな焼肉についてご紹介させていただければと思います。

焼肉といえばあの肉が焼ける匂いを嗅いだだけでおなかが鳴ってしまいそうになるものですが、「ダイエット中に食べたら太ってしまう?」「ご飯を食べずに焼肉だけなら太りにくい?」など体系を気にされている方には焼肉と聞くと少し遠慮がちに思ってしまう方もいるかもしれません。

そんなダイエット中の方などに向けて気になる焼肉の情報をお届けさせていただければと思います!焼肉と想像するとかなり太りやすい食べ物と想像してしまいがちですが、実は食べ方や部位によって太りにくくする方法などもありますのでぜひ最後までご覧いただければと思います!

また、食べ方だけではなく部位によってカロリーも大きく変わってくるのでダイエット中の人などは必見です。

焼肉が太ると言われている理由5選

まずは焼肉が太ると言われている理由について考えてみましょう。本来であれば古くから「肉」というものはタンパク質になるのでそこまで太るものとしては考えにくいのですが、最近では脂ののったカルビであったり、また焼肉と相性抜群の白米であったりビールなどのお酒と相性が抜群だったり…

といった理由から焼肉が太りやすいとして言われている理由になります。考え方としては「焼肉」という物だけで太るのではなく「焼肉+α」の物で太ってしまうという形になるので細かくご紹介させていただければと思います!

1、焼肉とお酒の相性で太る

まずは焼肉と相性抜群のビールなどのアルコール類で、これまたお酒がとても進んでしまうのも無理ありませんね。

基本的にアルコール類はカロリーが高めになっており、焼肉と一緒についついお酒もたくさん飲んでしまうとダブルでカロリーを摂取することになってしまうので必然的に高カロリーになってしまいがちです。

お酒の中には糖質が高めに設定されているものも多くありますので焼肉をお酒のおともにする際は少し注意が必要かもしれませんね。

2、焼肉と白米の相性で太る

焼肉を食べるのであれば必ず欠かせないのが白いご飯ですよね!そんな白いご飯ですが焼肉と相性抜群でついついたくさん食べてしまいがちですが実は白米の成分の多くは糖質でできておりカロリーも高くついてしまう傾向にあるのです。

よく焼肉屋さんでは「ごはん小・中・大」などに分かれているお店が多いですが仮にごはん大で1合ほどの大盛になっている場合は白米だけでも530kcal程になると言われているので減量中の人には悩ましい所ですね。

3、焼肉には脂身の多い部位が多くあるので太る

脂の乗ったカルビなど脂質の多い部位も人気メニューの一つですが、脂肪分が高いという事はカロリーも高くなってくるので必然的にたくさん食べると太りやすくなってしまうという事が言えるでしょう。

脂質は大切な三大栄養素の一つとして摂取することはいいのですが取りすぎてしまうと中性脂肪やコレステロールといった太る原因にもなってしまいます。焼肉の場合は網の上で焼く際にある程度油は下に落ちていくのでそのまま体内に全て入っていくというわけではありませんが注意が必要ですね。

4、焼肉のタレによる塩分摂取などで太る

焼肉の醍醐味といえば濃い味付けで元となるのはやはり焼肉のタレですよね。そんな濃い味の焼肉のタレにはかなり豊富な塩分が含まれているという事に注目したことはあるでしょうか。

焼肉を食べる際を想像していただければと思いますが網の上から焼きあがったお肉を焼肉のタレにつけてそのまま口に運ぶかと思います。この時にお肉と焼肉のタレはうまく絡み合うようにできているためダイレクトで体内に入ってしまうわけです。

そのため本来人間が必要とされる塩分の規定よりも多く摂取しがちになってしまうので結論的には太る方向へ行ってしまうと言わざる負えないのです。

工夫するのであればお肉を全て焼肉のタレにつけるのではなく一部分だけつけて召し上がるなどで改善できそうですね。

5、つい焼肉を早食いしてしまい太ってしまう

こちらは個人差があるとは思いますがおなかが空いているときってついつい早食いになってしまうことがあるかと思います。焼肉の場合は焼けたお肉を網からとってタレにつけて口に入れて白米も一緒に食べて…

など想像しただけでも急いで食べてしまいそうですよね。中でも脂身の多い部位の場合は噛む回数が少なくても飲み込むことができてしまうので太りやすくなってしまうのではないかと1つ考えることができるでしょう。