ピザポテトが高カロリーで太るワケとは?

今回は昔から親しまれているポテトチップスのピザポテトについてカロリーや食べると太りやすいのかなどダイエット目線でご紹介させていただこうと思います!

ポテトチップスというと太るお菓子というイメージが強いかと思いますが、ピザポテトはチーズがたっぷり乗っていたりとなんだかさらにカロリーが高そう…。なんて感じる方も多いのではないでしょうか?

そんな疑問を細かく調査しましたので是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

ピザポテトについて

ピザポテトは高カロリーで太りやすい?ダイエット調査!

まずはじめにピザポテトとはどんな商品なの?という所からお伝えしていければと思います。

皆さん今までに一度は食べたことがあるという人が多いと思いますが中には今まで1回も食べたことがない!という人ももしかしたらいるかもしれません。

最近はコンビニやスーパーでよく見かけるようになりましたが数年前は一時期どのコンビニやスーパーに行ってもピザポテトが見つからない!なんて時期もありました。

そんなピザポテトが誕生したのは1992年で当時大人気だった「宅配ピザに対抗できるポテトチップス」として開発されたようです。

また、ピザポテトはギザギザにスライスしてあるポテトチップスの上にたっぷりチーズがかかっているのが特徴的で一度食べたらついついその味にのめりこんで食べ過ぎてしまうなんてこともあるでしょう。

 

ピザポテトのカロリーは高い?

ピザポテトのカロリーは高い?

それでは本題の1つ目、ピザポテトのカロリーは高いの?という所に対して述べていければと思います。

通常ポテトチップスと言うだけで高カロリーと言うイメージがあり、ピザポテトも正直高カロリーで太りやすい食べ物と言えるでしょう。

しかしそのピザポテトがポテトチップスの中で特に高カロリーなのか、はたまたポテトチップスの中ではカロリーが低い部類なのかまで調べている方と言うのはそこまでいないのではないでしょうか。

今現在ピザポテト以外にもポテトチップスはかなり多くの種類が販売されていますが例としていくつかの商品とカロリーを比べてみましたのでご覧ください!

※ポテトチップスによって1袋の内容量が異なる為全て100g当たりのカロリーを表示しています。

商品名100g当たりのカロリー
ピザポテト552kcal
コンソメパンチ557kcal
カラムーチョ550kcal
プリングルス544kcal
チップスター(うすしお)532kcal
堅あげポテト(ブラックペッパー)512kcal

実際に他のポテトチップスと比較してみるとコンソメパンチに次いでカロリーが高いということが分かりました。

しかしどのポテトチップスも100gあたり500kcal以上と全体的に高カロリーでそこまでピザポテトとの差が開いていないという事が分かりました。

 

では次にピザポテトの100g当たり552kcalと言う数字をポテチ以外のお菓子と比べたものがこちらになります!

商品名100g当たりのカロリー
ピザポテト552kcal
じゃがりこ498kcal
ミルクチョコレート558kcal
マイクポップコーン(バターしょうゆ)494kcal
歌舞伎揚げ541kcal
メントス384kcal

上記のようにピザポテトのカロリーはミルクチョコレートと同じくらいのカロリー数という事が分かりますね。

また、ピザポテトよりもメントスなどのチューイングキャンティー系のお菓子の方が糖質は高いですがカロリーは低い傾向にあるようです。

 

ピザポテトはダイエット中に食べても大丈夫?

ピザポテトはダイエット中に食べても大丈夫?

続いてはピザポテトをダイエット中に食べても良いのかという点についてです。

ダイエットと言う点において全く食べてはいけないという食べ物はありませんが高カロリーの食べ物などは極力避けたほうが良いという認識は皆さんあるかと思います。

しかしピザポテトは先ほどご紹介させていただいた通りかなり高カロリーな食べ物で脂質や糖質も多く含まれております。

仮にピザポテトをコンビニで購入して食べるとなれば基本的に1袋(77g)当たりの量を食べることになるかと思います。

ピザポテト1袋のカロリーは記載されている数値で425kcalとなるのでダイエット中に食べることはオススメできないと言えるでしょう。

仮にピザポテトを1袋毎日食べ続けたとすると1か月間で12,750kcalにも上り、体重が増えて太ってしまうだけでなく食べ過ぎると体中にニキビや吹き出物などができてしまう恐れ、さらには病気にかかってしまう恐れなども出てきてしまうことになるでしょう。

どうしてもダイエット中にピザポテトを食べたいという時には1袋全部食べるのではなく2~3日かけて少しずつつまむ程度にして月に何回と言う形でストレスの無いようにダイエットを続けていくと良いかもしれませんね!