三段ピンと二段ピンの違いやメリット&やり投げ、400mなど種目別ピンの長さとは?

陸上スパイクの長さや三段ピン平行ピンの違い

今回は陸上競技用のスパイクのピンについて解説させていただこうと思います。

土の競技場で使うアンツーカートラック専用のピンとオールウェザー(タータン)で使うピンの2種類ありますが、今回はオールウェザー用のスパイクピンについてご紹介させていただこうと思います。

競技場やタータンについて詳しく知りたいという方はこちらをご覧いただければと思います。

陸上競技の【タータン】とは?種類や効果を解説

スパイクのピンには色々な長さや形があるのでいったい自分の種目にはどのタイプが向いているのかなどを提案させていただこうと思います。

 

陸上スパイクのピンの長さについて

陸上スパイクピン

まずはピンの長さについてご紹介させていただきたいと思います。ピンの長さは一般的に種目によって違う大きく変わってきます。

そして使用するピンの長さにも公式のルールが存在し、走高跳とやり投げでは11mm以下、それ以外の競技では9mm以下でなければならないという決まりがあります。

意外と知らない人が多いと思うので気をつけてください。

 

10mm〜11mmピン

先ほどお伝えした通りこちらのピンの長さは走高跳かやり投げでしか使用することができません。
なので必然的にこのどちらかの種目で使うピンということになるでしょう。

 

両種目のポイントやコツなど詳しく知りたいという方は是非こちらをご覧いただければと思います。

陸上競技【やり投げ】のコツや練習方法

陸上競技【走り高跳び】におけるコツや練習方法を解説

 

9mmピン

こちらの長さでは主に短距離種目の中でも短い100mや200mで使用することが多いでしょう。
しかし短距離で9mmピンは少し長く、初心者などがこの長さを装着してしまうと足にかなりの負担が来てしまいますので短距離で使用する際は上級者向けと言えるでしょう。
また、走り幅跳びなどの跳躍種目においてもこちらの長さが良いと言われております。

陸上競技【100m】の走り方と練習メニューを解説

陸上競技【200m】の走り方と練習メニューを解説

 

8mmピン

こちらは一般的な短距離種目のピンの長さとなります。
この長さであれば100mや200mを行う短距離の初心者でも大丈夫です!
しかし400mの場合だと試合や練習に慣れている上級者でないと足に負担がかかり、ラスト100mに足が疲労感でいっぱいになってしまうかも知れないので注意が必要です。

陸上競技【400m】の走り方と練習メニューを解説

 

7mmピン

こちらのピンの長さでは400mの初心者や800mの選手が最適です。
400mと800mを兼ねて競技に取り組んでいるという選手はこちらの7mmピンをおすすめします。

陸上競技【800m】の走り方と練習メニューを解説